高血圧はホルモンの分泌過剰で起こることもある

高血圧とは病院や健診施設などで測定した血圧値が、収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上の状態のことをいいます。病院で測定する血圧のほうが高めに出ることがあるので自宅で測定する家庭血圧では、それより低い135mmHg以上または85mmHg以上が高血圧とされています。

高血圧と診断されたらもちろんですが、高血圧と診断されるラインのぎりぎりの血圧の場合も生活習慣を気をつけなくてはいけません。高血圧の患者は自覚症状がないので、放置している場合が少なくありません。

高血圧を放置しておくと脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞を引き起こしてしまう可能性もあります。高血圧はホルモンが原因という場合もあります。

アルドステロンは副腎皮質ホルモンの1つで、腎臓での塩分の再吸収を促進し、体内の塩分を増やす作用があります。そのため、過剰に分泌されると、食事から塩分をとりすぎていなくても、血圧が上がってしまうのです。

1度高血圧になってしまうと通常に戻すのはなかなか苦しいです。そうなる前に定期的に健康診断を受けたり高血圧のサプリメントhttp://www.zorgnetwerk-flevoland.nl/を取り入れるなどして対策をしておきましょう。

 

DHAやEPAが血中の状態を良くして、病気のリスクを減らしてくれる理由とは?

DHAやEPAは青魚に多く含まれています。魚に多く含まれていることから、漁業地域に住む人はDHAやEPAの摂取率が高く、血中コレステロールや血中中性脂肪の数値も低い傾向にあるというデーターがあります。

DHAやEPAは漁業地域に住んでいる、住んでいないに関わらず、健康にとって大切な成分であります。DHAやEPAは体内で合成されない成分なので、これらが多く含まれている魚類を意識的に摂取したり、サプリメントなどの健康食品からDHAやEPAを摂取する必要があるのです。

DHAやEPAは血の質を良くしてくれる働きがあり、病気のリスクも減らすことにもつなげてくれます。血の質を向上させることは、血中のコレステロール濃度や血中の脂肪分の濃度を適正に調整してくれ、コレステロールや脂肪分を過剰に血中に溶け込ませないようにしてくれます。

DHAやEPAを多く含む魚類やサプリメントなどの健康食品を摂取することで、血中の成分を正常化して、健康な血液を作ってくれる働きを高めてくれます。

DHAやEPAを体内に摂り入れることで血中の状態を良好に保ち、近年増えている生活習慣病などの病気を引き起こしてしまう危険性を減らして、健康維持に働きかけてくれます。